音脈 SOUND PULSE

「音楽は、消費されている。」

AIによって作られる、統計的なプレイリストやチャート。
いつでも簡単に聴けるという、コンビニエンス感。
心血注いで作った一曲でも時代のスピードに飲み込まれて、すぐに流れ去る。

でも、音楽には力がある。
時代に流されず、人を感動させる力が。

音楽との関係性を改めて考えるため、
3組のアーティスト、3人の映像作家を集め、
ライブを通して、音楽が持つ力の可能性を試す実験をします。

血が通い、脈打つような音楽を体感する、
アーティストと映像作家による、実験型音楽イベント
音楽実験室「音/脈 SOUND PULSE」

音楽実験室をテーマに、
「日常」「非日常」「トリップ」
それぞれのアーティストが考える音楽の可能性を、映像作家とともに表現。

ライブハウスとは違う、ホールならではのクオリティと
この日限りのコラボレーションが、きっとあなただけの音脈体験となる。

ARTIST

江沼 郁弥

1988年9月24日生まれ。2004年12月にplentyを結成し、2017年9月に解散。2018年9月に恵比寿LIQUIDROOMのワンマンライブにてソロ活動を開始し、2018年11月に1stアルバム『♯1』をリリース。2019年1月にはソロデビュー後初の東名阪ツアーを行う。2019年3月から3ヶ月連続でシングルをリリース。6月にZepp NambaとZepp Tokyoでのワンマンライブを開催し、同月より8月まで全国8カ所をまわる2人編成でのツアーを行う。11月に2ndアルバムリリース&ツアー開催決定。

渡邉直(Nao Watanabe)

1985年生まれ。山形県出身。日本大学芸術学部卒業。CM制作会社勤務を経て独立。 以後フリーのディレクターとしてCM、MVなどの演出を手掛ける。 様々なアーティストのライブVJとしても活動。

odol

ミゾベリョウ(Vocal/Guitar)
井上拓哉(Guitar)
Shaikh Sofian(Bass)(読み:シェイクソフィアン)
垣守翔真(Drums)
森山公稀(Piano/Synthesizer)

福岡出身のミゾベリョウ(Vo.)、森山公稀(Pf./Syn.)を中心に2014年東京にて結成した5人組。 ジャンルを意識せず、自由にアレンジされる楽曲には独自の先進性とポピュラリティが混在し、新しい楽曲をリリースする度にodolらしさを更新している。 東京藝術大学出身の森山公稀が全楽曲の作曲を担当。その他にも舞台や映像作品の劇伴、他アーティストへの楽曲提供も行なっている。

ライブ活動では、シンパシーを感じるアーティストと共に「思考を超える実感の場を作る」というコンセプトの自主企画ライブシリーズ「O/g(オージー)」をスタート。 2018年より計10公演開催しており、King Gnu、向井太一、LILI LIMIT、集団行動、iri、mol-74、世武裕子、カネコアヤノ、Special Favorite Music、佐藤千亜妃、PAELLASをゲストに迎えた。 2019年秋には11公演目となる「O/g-11」にものんくるを、12公演目となる「O/g-12」にHelsinki Lambda Clubを、そして13公演目となる「O/g-13」にThe fin.を迎えて開催する。

2014年7月「FUJI ROCK FESTIVAL’14 ROOKIE A GO-GO」に出演。
2015年5月、1st Album『odol』をリリース。
2016年5月、2nd Album『YEARS』をリリース。タイトル曲「years」が日本郵便「ゆうびん.jp/郵便年賀.jp」のWeb CMに起用される。 11月、早川知輝が加入して6人体制となる。
2017年1月、新木場STUDIO COASTにて開催された、TWO DOOR CINEMA CLUB来日公演のオープニング・アクトを務める。 9月、1st EP『視線』をリリース。
2018年7月、「FUJI ROCK FESTIVAL’18」RED MARQUEEに出演。
10月、3rd Album『往来するもの』をリリース。この作品はタワーレコードのバイヤーがレコメンドする企画「タワレコメン」に選出。また、タワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズに起用される。『往来するもの』がCDショップ大賞・九州ブロック賞を受賞。
2019年6月、デジタルシングル『眺め / POSE』をリリース。
8月、北京と上海にて初の中国公演を成功させる。
9月、Digital Single『狭い部屋 (Rearrange)』をリリース。
早川知輝が脱退して現在の5人体制となる。
アース製薬「温泡」のTV / WEB CMに新曲「身体」 が起用される。
「身体」は今秋リリース予定。

石向洋祐(POOL inc.)

Creative Director / Planner / Film Director 2016 年 POOL inc. に参加。クリエイティブディレクションから、ブランディング、企画、映像演出、モーショングラフィックデザインまで、幅広く手がける。 主な仕事に、TOYOTA「CROWN 」、PlayStation4、経済産業省「空飛ぶクルマ」など多数。また数々のスタートアップ企業のコミュニケーションデザインやブランディングも行っている。

クボケンジ

1977年8月8日生まれ 
メレンゲのボーカル、ギター
2004年5月12日アルバム「サーチライト」でメジャーデビュー
メレンゲの楽曲を全て手がけており、その他FUNKY MONKEY BABYSや新垣結衣、中島美嘉などへの楽曲提供や、自らも出演したテレビ東京系「イツザイ」内で実施されたauケータイドラマオーディションの優勝者、石橋菜津美や最近では金木和也への楽曲制作及び音楽プロデュースなど行う。 2016年に自身初のクリスマスソング制作の為、クラウドファンディングを実施。予想を遥かに上回る980万という結果で終了。そのクラウドファンディングを経て「クリスマスソング」を制作した。

脇坂侑希(isai Inc.)

映像作家 / 撮影監督 / カメラマン 1991年生まれ。大阪芸術大学を卒業後フリーランスとして活動、2015年に株式会社isaiを設立。 現在は、MVを中心にCM、web movie、LIVEなど様々なジャンルの映像をディレクションしている。 企画、監督、撮影、編集の全てを自ら行い、年間80本近くの映像を制作している。

TICKET

全席指定 前売 ¥4,800
一般発売 9/14(土)10:00~

問い合わせ

(株)キョードー横浜 TEL:045-671-9911
(日・祝日を除く11:00~18:00)

http://www.kyodoyokohama.com/

ACCESS

渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

渋谷区文化総合センター大和田 〒150-0031東京都渋谷区桜丘町23-21

徒歩でお越しの方

渋谷駅から徒歩5分

バスでお越しの方

大和田シャトルバス(ハチ公口-文化総合センター大和田)
ハチ公バス(夕やけこやけルート)

※どちらもバス停「渋谷駅ハチ公口」から乗車、次のバス停「文化総合センター大和田」下車。

お車でお越しのお客様へ

文化総合センター大和田には専用駐車場はございません。
お車でお越しのお客様は周辺の一般コインパーキングをご利用ください。

主催:渋谷音楽祭実行委員会
企画:AOI Pro.
制作:キョードー横浜/tep

音/脈 SOUND PULSE 公式Twitter